明治17年創業
六代目、立川治秀さんと奥様にお話を
お伺いしてきました。
  S.47年から33年、奥様の
          内助の功と共に、織物一筋
立川織物
今回、おじゃました先は、立川織物さんです。

              ホームページ http://kakuto.to.cx/
              江南区袋津3丁目1−52  電話025−381−3067
昭和47年には30件あった機屋が、今現在2件
という立川さん、本当にさみしそうでした。
江戸期に農家の副業だった綿織物が、
明治後期に工場生産に変わり、
第二次世界大戦後、高度成長期には
合成繊維で発展を遂げた。
なんと、“オリジナルの柄を作ってくれるとの事”
縦糸を変えるのは難しいけど
横糸を変えるだけで柄を変える事が出来る、
自分だけの柄の布を織ってくれるなんて
布地フリークにはたまりませんね!!
当時の柄を文献と資料をもとに復活再現
今、こうして見ると野良着としては
    モダンな色使いに感心します。
からみ織
 この亀田地区は、綿が主のため、
春夏商品が多く、10月〜2月が超最盛期、
仕事の遅れを気にしながらの忙しい期間で、
7・8・9月は仕事がなくなるとの事、
経営の難しさを感じます。
縦の柄を織る作業
織物工場風景
2008年春夏ファッションとして
女優 山口智子がプロデュースする亀田縞のこだわりの服が、ベルメゾンからリリースされました。立川織物さんと中林さんもご出演になっています。ついに亀田縞も全国レベルになってきましたよ!
     ベルメゾン(千趣会)のカタログ
「先に糸を染めてから織る「亀田縞」しかし
その亀田の染屋さんが無くなってしまった現在
見付・栃尾にまで出向いている。」

          現状はいろいろありますが、
              まだまだ頑張る立川さんです。
   
この矢絣の柄合わせが難しく
染めの為、浜松まで2回、出向いて
試行錯誤の上やっと完成した作品
絣染めの糸とかせ
 1本の糸を色違いに染めていく、
 この糸を織り込んであるのが、亀田縞
5代目、立川藤太郎さんだけが
この「絡み織」を織ることが出来るという、
手で触って、目で見て、感触と美しさを実感して
ほしい、まさに伝統工芸品です。
200年余りの伝統を持つ「亀田縞」の生産を中心として
栄えた亀田織業も二十世紀前半にはその終息を迎える。
昭和13年、戦時指定生産が始まり、綿糸の入手が困難となり
人絹、スフ織物への転換と共に亀田縞の歴史は幕を閉じる。
現在、まちの駅亀田の郷にて
亀田縞の展示と即売をしています。

お気軽にお立ち寄りください。

期間
常設展示販売中!

取材者コメント
取材などの依頼お問合せは こちら
マイタウンかめだトップ亀田地域企業情報トップ環境パル21
「MyTownかめだ」はNPO法人環境パル21が運営しています。
Copyright (c) 2001-2004.MyTown Kameda.All rights reserved
誰でも一度は聞いたことのある
バーバリー・組曲・23区・ダックス・ニューヨーカーと
高級ブランドの綿織物を中心に製造
機織機
ただ今、亀田縞、機織中
縦糸を準備して巻きつける作業
ビームに巻き取る作業
マイタウンかめだトップ環境パル21まちの駅亀田の郷
          亀田、袋津の昔ながらの小路を行くと、静かな路地に
          今にも機織の機械の音が、 あちらこちらから聞こえてきそうな・・・

 亀田東小学校の校歌や亀田甚句にもかつて織物業でにぎわった様子が歌われている。

                             
       ♪ 私しゃ袋津機織娘 
                                                  糸が切れても
                                                    わしゃきれぬ ♪
亀田縞
水に強く丈夫な為
農家の作業着として使われた。

亀田織「亀田縞」の復活
20世紀の幕開けとともに大正期を通し
て亀田縞生産の最盛期を迎えた

明治・大正期には主に東北・北海道へと販売
亀田町の本町通りは問屋街として14、5件の問屋が
立ち並んでいたという。
「亀田縞の復活に挑んで丸3年、
     亀田と言う地名も無くなるし
     機屋も無くなりそうだし・・・
  “今しかない”という思いから
  亀田縞を復活展開していきたい!」 
 
              と、語る立川さん
亀田町の近代化を支えた亀田の地場産業
まちの駅“亀田の郷”にて亀田縞を販売します!
  9月中旬より展示販売をおこないます。
  亀田縞の色と風合を楽しんで下さい。
  

カフェエプロンやランチョンマット、
あなたの亀田縞オリジナルを作ってみてははいかがですか?
普段、人は入れないとの事、
特別に写真を撮らせて頂きました。

       見たこともない大きな織機の数々・・・
後継者の問題もありますが、
何とかこの亀田の伝統を消してほしくない、
亀田縞をこの亀田の地に生かして行きたい。
この亀田縞の生地で作ったものを身近に感じて
子供達に亀田の歴史と共に伝えていければと思いました。
                             ( 記者 S )