マイタウンかめだトップ環境パル21まちの駅亀田の郷

キルト教室

名称 キルトクラブ 木いちご
代表者氏名 斎藤 典子
所在地 新潟市江南区亀田向陽2丁目9−8     マピオンマップ表示
TEL 025−382−8444(FAX兼用)
教室開催日
時間
 火曜クラス:第1、第3火曜日 午前10時〜12時(2時間)
 水曜クラス:第1、第3水曜日 午前10時〜12時(2時間)
 金曜クラス:第1、第3金曜日 午後1時〜3時(2時間)
内容 私たちの教室では、着なくなった子供たちの服や、古着を使ってタペストリーやバッグ、小物類を作って楽しんでいます。決して布にお金をかけません。これはキルトの始まり、アメリカ開拓時代の「ものを大切にする心」を受け継いでいるからです。
講習料 月額 2,000円/2回分(入会金・年会費はありません)
教室(スペース)
のレンタル
あなた自身の教室、展示会を開きませんか?1階の講習室をお貸しします。
     レンタル教室料金(展示会については別途ご相談ください)
           500円/1時間
          2,000円/1日
     教室の広さは約20畳です。(昼・夜問いません)

<取材後記>
今回、ご主人から案内を頂き、取材をさせて頂きました。展示をメインにした建物の作りを想像して訪ねましたが、普通の家でまずびっくり!おもわず通り過ぎてしまいました(笑) 入りにくいかなぁ・・・と心配しましたが、玄関に至るエントランスから教室が見えたので安心。やさしいご主人が迎えてくれました。私が伺った土曜日の午後は、お客さんがひっきりなしに訪れていて、問い合わせの電話も何度も鳴っていました。話を聞くと日報に展示会開催の欄があって、そこに掲載しているとのこと。わかりにくい場所なのでご主人は説明に大変そうでした。年に2回ほどのサイクルで展示会を実施しているとのこと。マイタウンかめだでも案内をしていく予定です。

                              取材編集・写真・構成   Y-Tea

今回は着物のハギレや
先生作の小物の販売もおこなわれていました。
ポーチやバッグ
写真のかわいいイカ・・・
展示例が玄関に飾られていました。
棒に横一列ならべて飾ってもおもしろいですね。

古着の着物やハギレなどを利用して作るのが斎藤先生流。
自分の子供の時に着ていた半纏の布まで使いました。と見せて頂きました。

その古い柄が、なんともいえない良さを出していて、味わい深く、そしてやさしさが感じられます。

建物の外観は普通の一般家庭の装い。
可憐な花に囲まれたエントランス
庭先のかわいい看板が迎えてくれましたよ。

左上の写真で作品の説明をされている右側の方が、斎藤先生です。
趣味が高じて教室を開くまでになったとのこと
その技術にはとても驚かされました。
壁にはたくさんの作品が展示されていました。
製作日数の話題の時に、先生の力作を特別に拝見できることに・・・
左の作品は製作に6ヶ月もかかったそうです。

玄関にもたくさんの作品が、さりげなく飾ってありました。
私が一番気に入ったのは
写真下中央の「チューリップ」
最初は?と思ったのですが、花瓶と調度品の家具とのマッチングがイイのです。
我が家で飾っても合う花瓶と家具があるかどうか・・・(=_=;;

手作り作品が生活を和ませてくれます。

現在教室に通う生徒さんは、およそ30名くらいだそうです。たくさんの方が習っていることに驚き!
その生徒さんが最初に取り組むのが、右の写真のような小物類の製作。
そして1年後くらいに取り組むのが、中央下の「おひなさま」。

いきなり先生のような作品はできません(笑)
でも、かわいい自分の作品には
手作りの良さと布の再利用、時間をかけた達成感と愛着がわいてきます。

道路を挟んだ建物の反対側には駐車場もあります。10台ほどは楽にとめられそうでした。

7月28日「初夏のキルト展」へでかけてきました。
亀田向陽2丁目に「木いちご」というキルト教室を開催しています。という案内を頂き
さっそく訪ねてみることに・・・
ちょうど週末にかけて、キルト教室の先生の作品展が開かれていました。

高く積まれた薪と
2階の薪ストーブの黒い煙突が目印です

マイタウンかめだへの取材依頼お問合せは こちら
マイタウンかめだトップ教育育児情報トップ環境パル21
「MyTownかめだ」はNPO法人環境パル21が運営しています。
Copyright (c) 2001-2004.MyTown Kameda.All rights reserved