小池ろうそく店
店 名 小池ろうそく店
代表者氏名 小池 孝男 
所在地 新潟市所島2−2−76
TEL
FAX
フリーダイヤル
(025)381−3044
(025)381−7064 
(0120)87-6009 ハナローソク
ホームページ http://www.hanarousoku.jp/
e-mail info@hanarousoku.jp
 明治27年創業  四代目「小池 孝男」 父である三代目師範「小池 繁雄」 に一子秘伝を受け継ぐ
2005年愛知万博に選定され新潟県より公式ライセンスメーカーとして初の快挙
  その「ありがとうろうそく」を作られた小池ろうそく店さんにお邪魔しました!
営業活動はご主人


約10年前より「花ろうそく」が口コミで広がり有名になったこのろうそく
家族から反対される中“
花ろうそくで行こう!!”と一代決心
 (それまではお店の片隅に少し置いてある程度でした)

最初は挫折の連続(観光地や個人のお店には相手にされず)
新潟県の推奨品として、認定されたのを機に全国のデパートから
呼んでもらえるようになり今日に至っています。

今では、毎年7月の2〜3週間ハワイの
「アラモアショッピングセンター」にも出品しているそうです。
 商品に対しての
{強い自信}と、{諦めない前向きな気持ち}、
        {お客様、スタッフへの感謝の気持ち}

今回、“ありがとうろうそく”を愛知万博のライセンス商品
                      にまでしたのだと思います。
伝統絵ろうそく・和ろうそくを亀田から全国・世界に発信
和蝋燭の名入れ・文字入全国、至る所で行われる
物産展などを飛び回っていらっしゃいます。最高の職人技です。
三代目師範「小池 繁雄」
(新潟三越催事場にて)
  お店は事務所とショールーム、
 従業員は家族4名とパートさん2名の家内工業です。

「一人一人が出来る事を頑張って、
              うちはうまくいっているんです」
 とおっしゃる通り、家族・従業員が協力し、
           それぞれの役割をこなしている。
 人の絶えない賑やかな場所で
淡々と書かれていました。
さすが名人のなせる技ですね、
感服しました。
 日本の「和ろうそく」の最高傑作
明治神宮に毎年献上され、手書き越後ろうそくの
最高傑作と絶賛されています。
現在のご主人四代目「小池 孝男」さんが満面の笑顔で迎えて下さいました。
                                まさしく
「一灯笑人」です
「ありがとうろうそく」
半紙に念仏を書いてお客様に差し上げます
 これを家の仏壇に入れておくと良いそうです。
奥様は事務仕事やお客様の対応などの他、
字や絵もお上手で絵ろうそくのデザインも手掛けられます。
 愛知万博への道
CDケース30本入り・・・・税込900円
平成11年度・平成14年度  日本商工会議所より
全国推奨観光土産品審査会において表彰
挨拶のできない現代人の多い中、
日本一美しい言葉と思っている
「ありがとう」という文字をろうそくに
書くことで
「感謝の気持ちを大切にしてほしい」
という思いから考案しCDケースに入れて
販売しています。
現在、年間二万枚の売上げがあるという。

     まちの駅亀田の郷でも販売中!
当店商品をもっと多くの人々に知ってもらうために、
愛知万博への出展を考えました。

第一次審査での三つの条件のうち必ず一つをクリアしなければ
ならない中、この万博を取り仕切っている名古屋の伊藤忠商事に
何度も足を運び諦めず頑張り、また、どうしても達成出来ない条件は
取引先企業の御厚意により何とかクリアし、最終審査までの7回の審査を越え、
業界初・新潟県初である
愛地球博公式ライセンス業者に認定されたのです。

又、プロジェクトチームを持たない家内工業の業者は
                    小池ろうそく店さんが初という事です。
越後花ろうそく
絵ろうそくは、生地と呼ばれる白いろうそくに、
手作業で一本一本絵を入れていきます。 
亀田にも六人の絵師がいるそうですが、
皆さん自宅でされているとの事、
今回は拝見する事ができず、残念でした。
〔手書き越後絵蝋燭〕
〔花ろうそく〕 
この取材を通して、日本の美しい言葉、あいさつの大切さ、
先祖を敬う心、ともすると、忙しい毎日の中で忘れてしまいそうな一番大事な事・・・
子供たちに今、伝えていかなければいけない事を気づかせていただいたと感謝しています。
日本の伝統を継承し、新しい事に挑戦し開拓して行かれる姿は本当に素晴らしいと思いました。
私も、時間を見つけ
和ろうそくの灯りをともしてみようかな〜。     ありがとうございました。
昔、花のない冬に花の代わりに、ろうそくに花の絵を書いて
仏壇にお供えしたのが始まりだそうです。
絵蝋燭を灯す事により、花が天(亡くなった方)へ届くと
言われているそうです。
亡くなられた方の好きだった花の絵蝋燭を命日やお盆、
お彼岸などに使われるのも良いですね。
P.S     ご主人はいませんが、まちの駅「亀田の郷」でも“ありがとうろうそく”他
      数種類のろうそく、線香を
販売しています、ぜひお立ち寄りください!
編集後記
花ろうそく価格
その他、押し花蝋燭・経文が現るお線香・
ありがとう線香・ろうそく立て・など各種、
一度お店に足を運ばれてみてはいかがでしょうか?
      楽しいご主人に会えるかもしれませんよ!
HONOAKARI ほのあかり
   和ろうそくのほのかな明かりで
   リラクゼーションしてみませんか
         5本セット  1,890円〜
「どんな状況でもろうそく一体、
          同じに書けなければならない」
〔ライトセラピー〕
   ヒーリングキャンドル

無臭・無煙でろうもたれない、
1本8分間灯ります。
取材などの依頼お問合せは こちら
マイタウンかめだトップ環境パル21まちの駅亀田の郷
「MyTownかめだ」はNPO法人環境パル21が運営しています。
Copyright (c) 2001-2004.MyTown Kameda.All rights reserved